酢と重曹のパワーの秘密

【アルカリ性の汚れにはお酢】

お料理で酢を使うといえば、メニューは限られてしまいます。
しかし、掃除となれば最高の働きをするのが、お酢です。

掃除に向く酢は、安価な醸造酢。
ニオイが嫌な方は、クエン酸を使うと良いでしょう。

酢の得意とする掃除は、水アカなどのアルカリ性の汚れ。
同時に、殺菌、消臭効果もあります。
ただし、鉄素材に使用するとサビるので、注意です。
よく洗い流しましょう。

なぜ、酢で汚れが落ちるのか?と言うと、
酢は弱酸性の性質を持っているから。
アルカリ性の汚れを分解・中和して、汚れを取れやすくします。

【酸性の汚れには重曹】

重曹は、お菓子作りに使うものですよね。
ベーキングパウダーより膨らむ力が弱く、
洋菓子にあまり出番がありませんが、和菓子などに使われます。
でも、掃除となれば、大活躍するスーパースター!

掃除に使う重曹は、食品コーナーで売っているものでも構いません。
ただ、掃除用に販売されているものの方が、量が多くて安いです。

重曹が得意とするのは、ガンコな油汚れです。
ただし、アルミニウムに使うと黒くなってしまうので注意ですよ。

重曹は弱アルカリ性です。酸性汚れの油を中和・分解するので、
手ごわい油汚れもキレイに落としてしまうのですね。

関連エントリー

暮らしに役立つ情報サイトといえば・・・http://sumai-kobako.jp/をチェックするべきですね(^^

 
Copyright © 2008 お掃除バッチリ!掃除の方法をやさしく解説. All rights reserved