ガスレンジ掃除

【ガスレンジの汚れは飲み残しのビールで】

ガスレンジ周りのこびりついた汚れは、とってもガンコですよね。
なかなかスグに取れるものではありませんが、
飲み残しのビールを使ってカンタンに
キレイにすることが出来ますよ。

目の粗い布にビールを含ませて拭きましょう。
汚れがキレイに落ちます。

なぜビールで油汚れ?と思いますが、
実は、ビールの成分であるアルコールとビタミンEのおかげ。
ちょっとビールのにおいが気になりますが、
10分も立てばニオイはなくなるので安心してくださいね。

【油汚れをこそぐのには食パンのクリップが最適】

食パンについてくる口を留めるクリップ。
毎日パンを食べる習慣があると、結構貯まるものです。
これも掃除に使ってしまいましょう。

食パンのクリップは、ガスコンロなどの
こびりついた汚れオトシにピッタリ。

凹凸があり、硬さも程よく、使い捨てもできるので
残しておくと使えますよね。

【油で油をゆるませて落とす】

油は油に溶ける性質があるということを覚えておけば、
掃除をする時にとても役に立ちます。

ガンコな油汚れを落とすには、油を使ってこすりましょう。

こってりとした油汚れが手についてしまうので、
ビニール袋をかぶせた手で掃除をするといいですよ。
掃除が終わったら、掃除に使った布も、
ビニール袋を裏返して一緒に捨てれば、汚れることもありません。

【油よけにアルミホイルを巻いておく】

ガスレンジ周りのパーツ、汚れると本当に面倒ですよね…。
特にゴム管は熱に弱いので、しっかり守ってあげたいものです。

そんなときは、そうです、アルミホイルですよね。
アルミホイルをまいておけば、保護にも補強にもなります。
汚くなったら交換してくださいね。

【ガンコな煮こぼれ跡には卵の殻】

ガスレンジなどに、煮汁がガッチリとこびりついてしまうと、
こってりと重いシミが出来上がります。特に魚の煮汁がそう。
こするとるのも大変ですよね。

ガンコなこびりつきには、卵の殻を使いましょう。
スポンジとの間に、細かくした卵の殻を挟んで磨きます。
研磨剤にの役目を果たしてくれるんですよ。

【五徳の焦げ付いた油汚れは重曹湯で一晩】

五徳にこびりついたガンコな黒い汚れは
そうカンタンに取れません。
汚れが地層になってるんですよね、ごつごつ汚いです。
時間はかかりますが、取る方法がありますよ。

重曹を加えたお湯に一晩浸けておきます。
お湯の温度は高いほうがよく、
濃度は2リットルの湯に対して、重曹は小さじ1です。

翌日、そうチカラを加えなくても、汚れが落ちますよ。

関連エントリー


 
Copyright © 2008 お掃除バッチリ!掃除の方法をやさしく解説. All rights reserved