障子掃除はどうする?

【黄ばんだ障子には大根おろし】

本当…と思いながら、試してみたくなるのが裏ワザというもの。
このワザもちょっとビックリですが、
障子の黄ばみによく効きます。

障子の黄ばみには、大根おろしの汁を使います。
おろした汁をハケにつけて塗るだけ。

白さが戻って丈夫になると言うから、不思議ですよね。

【寒天で障子を破れにくくする】

張り替えた障子はモロくて破れ易いモノ、と諦めていませんか?
張替えついでのちょっとした手間で、
障子を丈夫にすることができます。

張り替えた障子が少し乾いてきたら、
薄く溶いた寒天液を全体にムラ無く塗りつけます。

これだけで強度が増して、丈夫になりますよ。

【障子の桟のホコリはハタキで落とす】

細かなホコリたまる障子の桟。ここの掃除はどうしていますか?
つい水拭きしたくなりますが、障子は水が大嫌い。
桟の掃除に水拭きをすると、湿気が黄ばみや汚れの原因になることも。

障子の桟はハタキで払うか、からぶきが鉄則です。

【敷居のすべりが悪い時はスプーンで】

敷居のすべりが悪くなったら、
ロウを使う、ヤスリをかけるなどの方法がありますが、
この他にももっと手軽なものが使えます。

スプーンの背中の部分で引っかかる部分を強めにこすりましょう。
一時的ですが、すべりの悪さが改善できます。

【ふすまが破れたらハガキをあてて修復】

ふすまが破れるとみっともないものですが、
上張りが破れた上体なら、まだ自分でも修復可能です。

破れた部分の下に、ハガキや画用紙などのしっかりした紙を入れ、
上張りを元の状態にノリで貼り付けて戻します。

台紙を入れることで、凹みませんが、
できるだけピンと仕上がるようにしましょう。

関連エントリー


 
Copyright © 2008 お掃除バッチリ!掃除の方法をやさしく解説. All rights reserved