すだれ・カーテン掃除

【すだれは”巻きながら拭く”】

すだれを片付ける時、キチンと掃除していますか?
細かなホコリを巻き込まないように、掃除してから片付けましょう!

掃除の仕方は、固く絞った布で、すだれを巻きながら拭きます。
途中に防虫剤を巻き込んでおきましょう。

必ず乾燥させて、新聞紙に包んで片付けます。
これで来年も気持ちよく使えますね。

●カーテン周りの裏ワザ

【カーテンレールの上は、ハンガーにボロ布をかけて】

手の届きにくいカーテンレール。
細い上にフックが邪魔をして、作業がしにくい場所ですよね。

カーテンレールの掃除は、針金ハンガーを縦長にして、
古いパンストをかぶせたものを使うとラクです。

針金ハンガーを直角に曲げれば、
手の届きにくい場所にもカンタンに届く上に、
パンストの静電気効果で積もったホコリを吸い付けます。
針金の特徴を生かして、
自由にカタチを変えて使えるのも便利ですよ。

【カーテンは、洗ったらそのままかける】

カーテンを洗った後に、外干ししていませんか?
カーテンは洗って、しっかり脱水したら、
濡れたままカーテンレールに掛けます。

そう、カーテンとして使いながら干せばいいんですよ。

【香りが強い外国性柔軟仕上剤を芳香剤代わりに】

外国製の柔軟剤の特徴は、強く長く香る独特の香りです。
カーテンを洗う時に使えば、かなり長い間香りが持続して、
芳香剤の代わりとして十分な働きをしてくれます。

有名どころで「ダウン」などですが、
注意したいのは、強烈に香るので、好みの香りでないと辛いこと。
香りは購入前に必ず確認しましょう。
値段は比較的高価なのですが、
300円ショップで、数回分の少量パックも売っています。

●雨戸掃除の裏ワザ

【すべりの悪い雨戸にはタマゴのカラ】

雨戸のすべりが悪いとイライラしませんか?
手を挟んだり、怪我をすることもあるので、
すべりの悪い雨戸は早めに手を打ちましょう。

卵の殻を少し湿らせた布袋に集めて、レールの溝を拭きましょう。

ロウを塗ったり、油を差すのも有効な手段ですが、
黒ずんだり汚れやすくなるので、卵の殻がオススメです。

関連エントリー


 
Copyright © 2008 お掃除バッチリ!掃除の方法をやさしく解説. All rights reserved