壁掃除を綺麗にする

【消しゴムは万能汚れ落とし】

灯台下暗しとはこのこと?
壁の汚れ掃除に特別な道具なんて必要ないんですよ。

汚れ部分に消しゴムを当てて、円を描くように消すのがコツ。
消しゴムのカスに汚れがついてキレイに落とせます。

クロスから漆喰までどんな壁にも使えるので
覚えておくと得するワザですね。

【手アカ汚れには食パン】

壁についた手アカをこすっても余計に汚れが広がるだけ。

そんな時は食パンの白い部分で軽くこすりましょう。

【ガンコな汚れにはコーンスターチ】

壁に残ったガンコな汚れ、消しゴムでも歯が立たない時には、
コーンスターチを使って取る方法を試してみましょう。
ただし、壁によっては使えない、相性がある方法なので、
あらかじめ隅で試してから本番に入ってくださいね。

コーンスターチを水で溶かした溶液を、
直接塗って、乾いてからハブラシでこそげ落とします。

【カビは絆創膏の粘着力でからめとる】

壁紙のカビ…。
想像しただけでも嫌なものですが、なかなか取れません。
だからと言ってゴシゴシこすれば、カビは喜んで広がるばかり。

壁のカビは、広げないように絆創膏を指に巻いて
叩くようにして取り去りましょう。

適度な粘着力が壁も傷めず、上手にカビだけをくっつけます。

【ビニールクロスの黄ばみやヤニにはハミガキ粉】

ビニールクロスの汚れは、
全体が汚れていると気にならないものですが、
一箇所どこか掃除した時に汚れに気が付いて、
大あわてですよね。

ビニールクロスの汚れにはハミガキ粉が便利です。
ホコリを吸い取ってから、ハミガキ粉をつけて磨くだけ。
円を描くようにするのがポイントです。

なかなか取りにくい汚れも、カンタンに落ちますよ。

関連エントリー


 
Copyright © 2008 お掃除バッチリ!掃除の方法をやさしく解説. All rights reserved