便器掃除でピッカピカ!

【直接触りたくないけど手でこすりたいときは】

トイレの細かい部分掃除は、ブラシでゴシゴシやるより、
いっそ手でブラシや布を持って、擦った方がキレイになるんだけど…。
トイレ掃除に手を使うのは嫌だなと思うことって、ありますよね。
そんな時は、ビニール袋と輪ゴム、要らない布を使いましょう。

ビニール袋に手を入れて、手首のところを輪ゴムで止めます。
そのままスポンジや布を持って、ゴシゴシ掃除をしましょう。
終わったら、手首のところから裏返して、
輪ゴムで止めれば、そのまま、ポイできますよ!(^^)

油汚れの掃除にも使えるワザです。応用してくださいね〜!

【黄ばみはサンドペーパーでこする】

トイレの黄ばみはガンコでブラシでは太刀打ちできません。
だったらどうする…?! こうしてください。(^^)

1000番台のサンドペーパーで磨きます。
目が細かいので、やさしくこすれば大丈夫。
黄バミが少しづつ取れ、キレイになりますよ。

注意したいことは、いくら目が細かいからと言っても、
ゴシゴシとこすらないこと。
キズをつけると、傷に菌が入りやすくなって、
汚れが増すこともあります。

【ガンコな尿石には酸性洗剤】

トイレ掃除といえば、サ○○−ル。
あの…毎度強烈なCMで覚えているのかな…。(^^;;
いつも使わなくてもいいけれど、やはりガンコな尿石は、
まず、この類の酸性洗剤を使ってみましょう。

便器の側面にトイレットペーパーを貼り付けて、
酸性洗剤をかけてしみこませます。
このまま1時間ぐらい放置してから、掃除をしましょう。
寝る前にしておくと、長い間置けるのでオススメです。

この方法だと、ガンコな汚れも落ちやすいのですが、
強力な酸性洗剤は、便器の光沢やツヤを損ないますので、
使用には十分注意してくださいね。

【側面はシップ方式が賢い】

トイレの側面の汚れを浸して、ゆるませたいけれど、
斜面になっているから、洗剤が流れていってしまう…。
こんな悩みは、トイレットペーパーの湿布で楽々解決です!

便器の側面にトイレットペーパーを貼り付けて、
洗剤を浸み込ませます。
特にガンコな汚れを落としたい時に、
しっかり付着できるこの方法はとても便利。

トイレットペーパーなので、一緒に流せるのも良いですよね。

【シャンプーとリンスをトイレ掃除の仕上げに】

化粧箱や、洗面台の引き出しに、
使っていないシャンプーやリンスはありませんか?
これ、トイレ掃除に使えるんですよ〜!

ガンコな汚れを落としたら、シャンプーとリンスで順にお掃除。
シャンプーは油汚れを落とし、リンスは汚れを落としやすくする
コーティングの役目をしてくれます。オマケに、良い香り♪
トイレはトイレの洗剤でなんえ、思い込みは無用です。
いつも使っているお風呂の大きいものより、
ホテルのアメニティや、サンプル商品を使ってみてはいかがですか。
トイレのインテリアにもかわいいですよね。

生活特集【離婚編】

離婚後の結婚のことを再婚というんだよ。
齢を取ってから離婚することを熟年離婚というんだとさ。
ウチの両親も熟年離婚になりそうだったけどセーフ!

関連エントリー


 
Copyright © 2008 お掃除バッチリ!掃除の方法をやさしく解説. All rights reserved